『同期のサクラ』のネタバレと感想や展開予想!1話 |高畑充希の忖度知らずヒロインがブッとんでる!!

いよいよ10月9日水曜日22時より『同期のサクラ』がスタートします

高畑充希さん演じる ヒロイン「さくら」が、自分の故郷と本土との間に橋をかける夢を果たすため、離島から一人上京し、大手ゼネコンに入社します。

目が見開きっぱなしのサクラの表情や、忖度しない性格から「発達障害じゃないか??」と感じる人もいると思います。

特に発達障害という説明は無いので、普通の人の数倍も目的達成への熱意が高い性格のようです。

なお、このドラマには原作はなく完全オリジナル作品のため、、先の展開が予想する楽しみがありますね。

脚本家は、高畑さんの代表作の1つでもある大人気ドラマ「過保護のカホコ」を手がけた遊川和彦 さんです

この記事では同期の桜1話のネタバレや感想2話目以降の展開予想についてご紹介します。

出典:https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

スポンサーリンク

『同期のサクラ』のあらすじ(ネタバレ)

一人の女性(サクラ)が写真を握りしめて倒れている。

その女性の元に駆けつけたのは4人の男女でした。

病室で男女4人に見守られながら、話はそれから過去2009年に遡ります。

10年前の4月、花村建設の入社式が行なわれました。

社長の長い話をつまらなそうに聞く新入社員の中に、北野桜(サクラ)は手を上げて社長に向かって話が長いことを伝え、空気をピリつかせます。

新人研修が行われることになり、5人グループのリーダーになったサクラは、木島葵、月村百合、清水菊夫、土井蓮太郎の仲間達と一緒に最終課題の模型作りを完成させるために頑張ることになりました。

マイペースなサクラの行動に戸惑いながら、研修は進んでいき最終日に提出する模型のテーマを「サクラの故郷の美咲嶋に掛ける橋」に決めます。

サクラの両親は橋が無かったせいで命を落とした為、橋を掛ける事にこだわっていた事が分かります。

苦労の甲斐あってパノラマ模型は完成しますが、再び強いこだわりで作り直そうとするサクラに周りのメンバーは振り回され、”迷惑だ”と百合に言われてしまいます。

サクラはみんなの意見を聞いて諦めて帰り、後日会社に現れませんでした。

百合が言い過ぎたせいだと仲間達が責めていたところに、社長や部長がやって来ました。

橋の耐荷重を調べようとして橋が壊れそうになったその時、サクラが作り直した橋が、見事壊れないのに感心した部長たちでした。

しかし、サクラは「社長賞を獲った他のグループの模型が以前社長が作った建物に似ていたため選ばれたのではないか?」と言い出します。

社長に歯向かったことで、サクラは希望部署の土木課に配属されず、人事部になってしまいます。

サクラが落ち込んでいることを心配したメンバーはサクラに声を掛けます。

サクラは「一生信じ合える仲間を作る事」「その仲間とたくさんの人を幸せにする建物を作る」「その夢は諦めきれないから自分にしかできない事をやる」と言い出します。

『同期のサクラ』の感想

サクラがあまりにも笑わない人で、個性的な人だったのですごくびっくりしました!(_Д_)

彼女の真っ直ぐで真面目な性格は近くに居たら大変だろうなと思いましたが、とても可愛く見えました。

また、仲間たちと分かち合うことができるたびに、サクラの顔に笑顔が出て来たのですごく素敵でしたね。(≧▽≦)

こだわりが強いし、譲らないけど相手の良い所を素直に認められる。それに救われる人もこれから出てくるんだろうなと思いました。

サクラは島で一人で授業を受けているのを見て、すごく寂しい気持ちになったのですが、こうして仲間達と出会えて働くことができたのは本当にラッキーだったと思います。

新人研修では、サクラが自分の意見を通さずに帰ったのを見て、みんなの意見に合わせることもできる人でもあるんだな、と感心しました。

それに、大好きなじいちゃんの一言で自分を取り戻すことができ、独力で課題を完成させるところなど、根性ありますね!

それに、サクラがFAXにするのはおじいちゃん電話嫌いで、耳が遠くなっているから、という思いやりであるところが泣けます!

予告編を観て、サクラはヤバイ人にしか見えませんでしたが、1話目が終わる頃にはかなり好きになりました。(笑)

そんな彼女が希望の土木ではなく人事部に配属になったのは、サクラを面接で採用した黒川の何か思惑があったのではないかと推察します。 

ちなみに、1話目で印象に残った役者さんは演技は、椎名桔平さんと高畑充希さんです♪

黒川を演じている椎名桔平さんの、あののらりくらりとする演技もこの役に合っているように感じました。

サクラ役の高畑充希さんの演技は、刺々しくなってしまいそうなサクラのセリフや役柄を、愛着を感じさせる人物に見事に変換させていて見ていて楽しかったです。

これからどんな事件を起こすのか来週が楽しみです。

『同期のサクラ』の今後の予想や展開希望や見どころ

みんなが配属先で働き始め、サクラが人事部の仕事をしていく中でどんな事件を起こしていくのかがとても楽しみです。

人事部に配属が決まった桜がどうなるのか、すごく気になるポイントではないでしょうか!

次回はまず、営業部に配属された清水菊夫(竜星涼)が過酷な残業の強要に対してサクラは菊夫の上司に異議申し立てを行っていくようです。

桜は一緒のグループだった菊夫のことを助けることになるため、どのように救うのか、気になります。

残業を減らすために、桜が会社のみんなにお願いして回るところがおもしろそうだと思いました。

もちろん、行動を起こせば直属の上司である火野すみれ(相武紗季)にも火の粉は飛んでいくのでしょう。

色んな人を巻き込みながら、どんな結末に終着していくのか気になります。

そして現在、意識不明のサクラの身には何が起こってそうなったのか早く種明かしされると良いなと思いました!

スポンサーリンク