【PR】

【3月のライオン】 映画 キャスト情報 染谷将太が二海堂役を熱演!理由やビジュアルをまとめて紹介

3月のライオンの実写版映画が「NHK BSプレミアム」で2月に放送されます。

2017年に3月のライオンの実写版映画が公開されるや否や、そのキャスティングのハマりっぷりに大きな反響がありました。

中でも、最大の驚きだったのがプロ棋士 二階堂晴信(にかいどうはるのぶ)役の染谷将太くんです。

主人公である17歳のプロ棋士・零の「心の友」「良きライバル」と自負するキャラクターで、難病を患いながら命がけで将棋に打ち込む熱血漢です。

そのムッチリした体型の外見から愛されキャラとしてとても人気があるため、実写で演技するのは相当ハードル高かったと思います。

この記事ではそんな二階堂晴信役に染谷将太がキャスティングされた理由やビジュアル、本人コメントなど併せて紹介します。

出典:https://www.cinemacafe.net

<あわせて読みたい>

 

[quads id=1] [toc]

【3月のライオン】映画 二海堂役に染谷将太がキャスティングされた理由は?

 染谷将太(ソメタニショウタ)さんは、1992年9月3日生まれの若手俳優さんです。

9歳の時に映画『STACY』でデビューし、映画『ヒミズ』で第68回ヴェネチア国際映画祭、日本人初となる新人俳優賞を受賞するなど実力派でもあります。

インパクトのある役として印象的な役が、映画「寄生獣」の主人公ではないでしょうか?

「寄生獣」の場合、普通の高校生が主人公という設定なので、ご本人の役柄に違和感はほとんどありませんよね。

しかし、3月のライオンの「二階堂晴信」は、ぽっちゃり体型であきらかにイケメンの染谷さんとは違いすぎます。

「二階堂晴信」は漫画だとこんなビジュアルです。

キャスティングが発表された時は本当にびっくりしたものです。

なぜ、こんなにも姿形の異なる染谷さんを起用したのか、大友監督のコメントからピックアップしました。

目の表情が決めて

「最初、二階堂役は本当に太ってもらわなくてはだめかな」と思った監督ですが、体型は“特殊造形”という手段を使えばできると踏んで、目の表情が勝負と思ったそうです。

染谷さんは目が大きいので面白いと思い目の表情が決めての一つとなってキャスティングが決まりました。

俳優力の高さ

若手実力派としての俳優力の高さも監督の心をしっかり捉えたそうです。

俳優力の高い染谷さんなら、造形することでかえってのびのびと芝居ができたりするのではないかとも。

実際、劇中の染谷さんはしっかりと二階堂になりきっており、映画の中では完全に「染谷さんが演じている」ということを忘れそうになります。

桐山零役の神木 隆之介くんしかり、大友監督が起用する俳優さんは鉄板ですね。

染谷将太のコメント

実は二海堂晴信役は染谷でした。がっかりですか?じらしてごめんなさい(じらしたのは僕じゃないけど…)
いろんな意味で本当に映画の中でしか会えない二海堂くんが誕生しました。染谷の事は忘れてください、それが本望です。
映画の中だけで生きている二海堂くんです。自分は身体を貸した程度です。
クランクアップした時、二海堂にもう会えないのかと思うと思わず寂しくなりました。
リアルな感情で向かってきてくれた神木くんに二海堂くんは熱く熱くぶつかって行きました。
一言では表せられないこの素晴らしい感情達のぶつかり合いを楽しみにしてもらえると幸いです。

出典:実写『3月のライオン』二海堂役は染谷将太、キャラビジュアルも一挙公開 – 映画・映像ニュース : CINRA.NET

「染谷の事は忘れてください、それが本望です。」と言い切っていますね。

希望どおり、しっかり忘れることができました(笑)

続いて、親友である桐山零役の神木 隆之介くんのコメントです。

神木 隆之介のコメント

こんなに明るく、いい意味で暑苦しさがある二階堂は本当にいい人で寄り添える人。二階堂が零(神木の役名)のために泣いてくれたり喜んでくれたり…愛おしいです。
引用:https://mdpr.jp/cinema/detail/1671786

今作では、僕のなかでの染ちゃんのイメージと真逆の役。二海堂のいい意味での暑苦しさや、零に愛情を持って接してくれている性格が『そのままなのでは?』と思うくらい表現されていました。
さすが染谷将太さん、尊敬しています
引用:https://eiga.com/movie/84543/interview/

大絶賛していますね。また、2人が役柄を離れても仲が良い様子が伝わってきてほほえましいです♪

【3月のライオン】映画 まるで別人!二海堂役に染谷将太の特殊メイクに迫る。

出典:https://natalie.mu/eiga/news/212518

大友監督が「思った以上にうまく行ったなと思うのは二海堂」と言っているほど、染谷将太くんはこの役になりきっています。

他のキャラがナチュラルな演技をしている中、彼だけが特殊造形でまるでお面をかぶっているような芝居をしているのだからかなり異質です。

二階堂は思い病気を患い「明日命が尽きるかもしれない」という必死の思いで生きている人物なので、このくらいのインパクトがむしろマッチしていいのではないでしょうか?

ちなみに、染谷くんが特殊造形を施される「メイキング画像」が無いか調べたのですが見つかりませんでした。残念!

代わりに染谷くんに使用した「特殊造形」の技術について調べてみました。

特殊造形ってどんなもの?

「特殊造形」って言葉からなんとなく想像できますが、調べてみたらすごい世界だということが分かります。

特殊造形とは、シリコンをはじめ、あらゆる素材を使って立体物を作る技術のことをいいます。

ただ、特殊造形の種類は非常に多く一口に「これ」と説明するのが難しいです。

例えば、リアルマネキンやマスク、映画に登場するクリーチャー、アニメキャラの3次元化、フィギュアなど、エンターテイメント性の高い分野で多く使われています。

そうとは知らずに特殊造形を使った作品を観ているかもしれませんね。

 

[quads id=3]

染谷将太をはじめ、個性的キャラクターのビジュアルを一挙紹介。

映画が公開されるにあたり、とても評判がよかったのが俳優さんたちです。

通常、漫画を実写化すると辛口な評価になりがちですが、個性的キャラクターのビジュアルにあった俳優さんを起用したことで、「漫画の世界そのままだ」という感動の声を呼んでいます。

特に、「神木隆之介」「倉科カナ」「佐々木蔵之介」は映画公開前から「もしも実写化するなら?」の投票で上位にランクインしているほどです。

続いて、3月のライオンの俳優陣の中でも、特に個性的キャラクターとして際立っているビジュアルをコミックとあわせて一挙に紹介します♪

ちなみに、自分としての漫画そっくりダントツ1位は「島田開役」の佐々木蔵之介です♪

主人公・桐山零役:神木隆之介

零の親友・二階堂晴信:染谷将太

出典:©2017 映画「3月のライオン」製作委員

A級棋士・島田役の佐々木蔵之介

©2017 映画「3月のライオン」製作委員

川本家の3姉妹の長女あかり役:倉科カナ

川本家の3姉妹の次女川本ひなた役:清原果耶

零の義理の姉・幸田香子役:有村架純

零の高校の担任・林田高志役:高橋一生

後藤正宗役:伊藤英明

川本家三姉妹の父親・誠二郎役:伊勢谷友介

染谷将太が演じる二海堂晴信のモデルは誰?

二海堂晴信には、モデルとされている実在の棋士がいます。

『3月のライオン』コミックスには、棋士・先崎学さんのコラムが連載されており、コミックス第1巻の4のコラムで、「実在のモデルがいるかどうか悩む3月のライオンですが、ただひとり、二海堂君だけはよく似ているという棋士がいます。故村山聖九段が、その人です」と語っています。

村山聖九段は、松山ケンイチ主演の「聖の青春の主人公にもなっていましたね。

病のため29歳という若さで亡くなられています。最期の言葉は「……2七銀」と棋譜だったとか!壮絶な人生です。

さらに、このコラムの中には「「小さい頃から体ところもあるが弱かった村山九段は、そのことをおくびにも出さずに将棋界の中で闘い続けました。」とも言っています。

作者である羽海野チカさんのコメントはありませんが、これは、もうモデルと言っても差し支えないと思います。

ビジュアルも似ていますよね!

【3月のライオン】映画 あらすじ

参考までに映画(前編と後編)あらすじをご紹介します。

前編のあらすじ

主人公は中学生でプロ棋士としてデビューした17歳の桐山零。
幼少時に交通事故で家族全員を失った彼は、父の友人だった棋士の幸田に引き取られます。
しかし、すでに将棋の才能の頭角を現していた零の存在によって幸田家に亀裂が入ってしまいます。
一人家を出るしかなかった零は東京の下町に一人で暮らすことに。

学校でも家でも孤立し、将棋を指し続ける毎日。
そんな時、零は近隣の町に住む川本家の3姉妹と出会い、彼女たちとの交流していくことで自分の居場所を見出し、少しずつ成長していきます。

そんな中、若手NO.1を決める新人戦、最高峰を決める獅子王戦トーナメントが開戦されます。
ところが、川本家では思わぬハプニングが発生。さらに3姉妹を捨てた父親が登場し、彼女らにとんでもない要求を出してきます。
そこには「大切な人を守るためには自分が強くなるしかない」と決意して獅子王戦トーナメントに挑む零の姿がありました。

後編のあらすじ

零は幸田の家族との亀裂はまだ無くなってはいませんでしたが、確実に前進していました。

ある時、川本家の次女のひなたが学校でいじめに合っていることが明るみにでます。
この時期、まさに将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていました。

自身の腕を磨いて強くなりひなたを守ろうと決意します。
しかし、その勢いは加速していき、ついには暴走を始めてしまいます。

映画 キャスト情報 染谷将太が二海堂役を熱演のまとめ

この記事では二海堂役に染谷将太さんがキャスティングされた理由やビジュアルなどを中心にご紹介しました。

特殊メイクを施し、二階堂になりきった演技は必見です!

ぜひ、映画を観るとき注目することをオススメします。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

[template id=”1592″] [quads id=1]